フォト特集

19歳 本多「銀」 競泳男子200mバタ

200メートルバタフライで銀メダルを獲得、笑顔の本多灯=28日、東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)
200メートルバタフライで銀メダルを獲得、笑顔の本多灯=28日、東京アクアティクスセンター(恵守乾撮影)

東京五輪第6日の28日、競泳男子200メートルバタフライ決勝で日本大2年の本多灯(19)=アリーナつきみ野SC=が1分53秒73で銀メダルを獲得した。今大会不振が続く男子選手で初めて進んだ決勝で力泳。この種目で2004年アテネ五輪「銀」の山本貴司から続く日本勢のメダル獲得を5大会に伸ばした。

神奈川・日大藤沢高時代の19年世界ジュニア選手権2位。今春の日本選手権で瀬戸大也(TEAM DAIYA)を抑えて優勝し、初の五輪切符を手にした。

ギャラリーページで見る

会員限定記事会員サービス詳細