<独自>ドコモ、ポイント還元時期を即時通知 8月にも ペイペイに追随

NTTドコモの「d払い」(西岡瑞穂撮影)
NTTドコモの「d払い」(西岡瑞穂撮影)

NTTドコモが、スマートフォン決済サービス「d払い」で、ポイントの獲得時期をd払いの利用直後に通知するよう、8月にもシステムを見直すことが分かった。これまではいつポイントが還元されるのか分からなかったため、すでにポイント還元時期を通知している最大手の「ペイペイ」に利便性で後れを取っていた。国内のスマホ決済は米グーグルが送金サービス企業を買収するなどしており、競争激化の様相を呈しつつある。ドコモは利便性向上やキャンペーン拡大で巻き返しを図る構えだ。

スマホ決済各社はコンビニエンスストアでの利用で10%ポイント還元などのキャンペーンを繰り返し実施。ペイペイがキャンペーンで獲得したポイントが付与される時期と還元額を決済直後にアプリ内で通知しているのに対し、d払いは通知していないため、キャンペーンを活用できたのか還元されるまで利用者に分かりにくいという欠点がある。ドコモ幹部は「個人的にも不便と思っていたので、スピード感を持って実装したい」と述べ、ペイペイと同様の仕組みを導入する考えを示した。

また、自治体が原資を負担して地元店舗でのd払い利用でポイントを還元するキャンペーンの実施拡大に向けて、自治体への営業も推進する方針だ。

個人情報保護意識の高まりでサイトの閲覧履歴「クッキー」を活用した広告配信は規制される方向。このためグーグルを含む各社には、スマホ決済などの利用履歴を広告配信に活用する狙いもある。各社は1つのIDで多様なサービスを提供する経済圏に顧客を取り込むため、還元キャンペーンなどを拡大させるとみられる。ドコモ関係者は「利用履歴を基にした広告やクーポンによる誘客は、より重要になる」と指摘した。