正恩氏、コロナ「戦時に劣らぬ試練」 米敵視は抑制

金正恩総書記(朝鮮通信=共同)
金正恩総書記(朝鮮通信=共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は、朝鮮戦争(1950~53年)休戦68年を迎えた27日に平壌で開かれた「全国老兵大会」で演説した。世界的な新型コロナウイルス危機と経済制裁の長期化で「戦争状況に劣らない試練」を迎えているとし、逆境にも勝利するよう国民に訴えた。朝鮮中央通信が28日に報じた。

昨年の大会で金氏は「核抑止力により、国の安全と未来は永遠に担保される」と演説したが、今年は核戦力への言及は伝えられず、「わが革命武力はいかなる情勢や脅威にも対処する万端の準備を整えている」と述べるにとどまった。

北朝鮮と韓国は27日、南北首脳が南北の通信回線を約1年ぶりに復旧させ、関係改善を進めていくことで合意したと発表した。金氏の今回の演説では「米帝国主義」といった戦争当時の描写を除いて米韓を非難する文言もなかった。米韓への刺激を抑え、対北政策を見直して北朝鮮に対話を呼び掛けているバイデン米政権の出方を見定める意図もありそうだ。

北朝鮮が「戦勝」と位置付ける休戦記念日に米韓への敵意をあおるより、コロナ禍という現在の難局への対処を優先せざるを得ない事情もうかがえる。

北朝鮮が「最も困難な時期」に参戦した中国の将兵に対する敬意も表明した。