現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

互いの国民文化の奥行きを学ぶ 九州大学教授・施光恒

九州大学教授、施光恒氏
九州大学教授、施光恒氏

残念ながら今回の東京五輪・パラリンピックは、国民一丸になって支え、成功に導こうという雰囲気にはなっていない。

≪複雑な国民感情の背景≫

理由の一つは、政府のコロナ対策への疑念である。国民には外出自粛や飲食店の営業制限を強く求める一方、五輪会場では酒類販売を当初認めようとしたことなど、五輪関係者だけ優遇する二重基準に反感を覚えた者は少なくない。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】ユニクロの中国関係報道を求む 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  2. 【日曜に書く】論説委員・川瀬弘至 記者諸君、起立したまえ

  3. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  4. 【産経抄】5月29日

  5. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  6. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  7. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  8. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  9. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

  10. 【浪速風】43歳だった

会員限定記事