ロシアも日本大使に抗議 ミシュスチン首相の択捉訪問で応酬

ロシアのミシュスチン首相(タス=共同)
ロシアのミシュスチン首相(タス=共同)

ロシア外務省によると、モルグロフ外務次官は26日、上月豊久駐ロ大使を呼び、「断固たる抗議」を申し入れた。ロシアのミシュスチン首相の北方領土・択捉島訪問に対し、日本外務省がガルージン駐日大使に抗議したことに反発した。

在ロシア日本大使館によると、上月大使はモルグロフ氏に対し、択捉島訪問に強く抗議した。

ロシア外務省によると、リャプコフ外務次官も上月大使と安全保障を巡って協議した。

ロシア主要メディアによると、ペスコフ大統領報道官は26日、択捉島訪問について「ロシアの首相が必要と考えるロシアの地域を訪問した」と述べ、正当化した。

その一方でペスコフ氏は「ロシア側には日本との良好な関係を発展させる強固な政治的意思がある」とし、平和条約締結に意欲を示した。(共同)