公明・石井幹事長、五輪とコロナ感染拡大は無関係

公明党・石井啓一幹事長(春名中撮影)
公明党・石井啓一幹事長(春名中撮影)

公明党の石井啓一幹事長は27日、水戸市で講演し、東京五輪の開催と、新型コロナウイルス新規感染者が過去最多となった東京都の感染拡大は無関係との認識を示した。人流の増加と、感染力の強いインド由来のデルタ株が要因だと指摘し「五輪が開会したから、こうなったわけでは決してない」と述べた。

自民党の下村博文政調会長もBS11番組で、デルタ株の影響が大きいと強調。「感染が広がり、競技できない選手がたくさん出てくればいろいろ考えないといけないが、今はまだそういう段階ではない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細