香港国安法で初の有罪判決 バイクの旗で「分裂扇動」

【台北=矢板明夫】香港の高等法院(高裁)は27日、香港国家安全維持法(国安法)の国家分裂扇動罪とテロ活動罪に問われた元飲食店従業員、唐英傑被告(24)に対し、有罪判決を言い渡した。量刑は後日宣告されるが、香港メディアによると、唐被告は最高で無期懲役刑を言い渡される可能性がある。昨年6月に香港で国安法が施行されて以降、同法違反での有罪判決は初めて。

香港メディアによれば、唐被告は国安法が施行された翌日の昨年7月1日、「光復香港、時代革命」(香港を取り戻せ、革命の時代だ)の旗を掲げてバイクで市中心部の大通りを走り、制止しようとした警察官らに衝突して3人に軽傷を負わせた。バイクの時速は約20キロだったという。

「光復香港、時代革命」は一昨年、香港で起きた一連の反政府デモのスローガンで、それを印刷した旗やうちわ、Tシャツなど多く商品が販売された。香港旅行の記念品として購入した日本人も少なくない。

このスローガンに「国家分裂」の意味があるかが裁判の最大の焦点となった。この日、裁判長は「中国から香港を分離させる意味がある」とし、スローガンの書かれた旗を所持した唐被告は「意図的に国家分裂を扇動した」と断じた。

台湾在住の香港人民主活動家は「香港は歴史上、一度も独立したことがないので、香港を取り戻すという主張がなぜ国家分裂をあおることになるのかは理解に苦しむ」と指摘。「このスローガンとともに写真に映った香港人や外国人はたくさんおり、香港当局がやろうと思えば、写真を証拠に皆を国安法違反で摘発できる。恐ろしい時代になった」と話した。

香港ではこれまで、重要な裁判に市民が陪審員として参加してきたが、この日の裁判は林鄭月娥行政長官が指名した3人の裁判官だけで裁かれた。27日までに国安法違反で起訴されたのは、休刊に追い込まれた香港紙、蘋果日報(アップル・デイリー)創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏を含む約80人にのぼり、今後、判決公判が続く見通しだ。