ワクチン未接種職員に毎週検査を義務化 米NY市と加州

米ニューヨーク市のデブラシオ市長(AP)
米ニューヨーク市のデブラシオ市長(AP)

米ニューヨーク市のデブラシオ市長は26日、全ての市職員に9月中旬までの新型コロナウイルスワクチン接種を求め、未接種者には毎週検査を受けることを事実上義務付けると発表した。西部カリフォルニア州当局も26日、州職員と医療従事者に対して8月から同様の措置を取るとした。職員らに接種を促す狙い。

ニューヨーク市では教師や警官を含む約34万人が対象で、カリフォルニア州の職員は約25万人。米国では感染力の強い変異株の流入に伴い、未接種者を中心とした感染の増加が問題となっている。

ニューヨーク市は成人の約65%がワクチンを接種済みだが、感染者数は数週間前から増加傾向に転じている。9月には公立学校で対面授業が全面再開する予定で、感染抑止に向け対策を強化する。デブラシオ氏は民間企業に対しても同様の措置を導入するよう呼び掛けた。

カリフォルニア州では対象者にワクチンの接種証明の提示を求め、提示できない場合は毎週の検査を義務付ける。(共同)