中国独占にブレーキ 混合ダブルス敗戦で卓球王国に衝撃

東京五輪の卓球混合ダブルスで銀メダルを獲得した中国の許昕(きょ・きん、左)、劉詩雯(りゅう・しぶん)ペア=26日(AP)
東京五輪の卓球混合ダブルスで銀メダルを獲得した中国の許昕(きょ・きん、左)、劉詩雯(りゅう・しぶん)ペア=26日(AP)

東京五輪の卓球混合ダブルスで26日に日本が王者の中国ペアを破ったことを受け、卓球王国の中国で衝撃が広がっている。国営通信の新華社は、水谷隼、伊藤美誠のペアが、近年の五輪で金メダルを独占してきた中国卓球界の勢いに「急ブレーキをかけた」と評し、無念さをにじませた。

新華社によると、中国の許昕(きょ・きん)、劉詩雯(りゅう・しぶん)のペアは「相手を圧倒し、小競り合いを避ける」戦術で試合に臨んだ。しかし、伊藤と水谷の攻めの姿勢が「たびたび効果を上げ」、試合後半の劣勢を挽回できなかった。

試合後、取材に応じた劉は「チャンスを生かせなかった。皆さんに申し訳ない」と涙ながらに語った。

中国はこれまでも、卓球の国際大会で同国トップ選手を相次いで破った伊藤を強く警戒してきた。共産党機関紙、人民日報系の環球時報はかつて「『大魔王』が現れた」と報道。中国卓球界は〝伊藤対策〟として戦術や心構えを変える必要があると訴えていた。(共同)