加藤智一 大人の身だしなみ塾

冷房を活用して快適な眠りを

暑い日が続いていますが、睡眠は十分にとれていますか? もし、暑さのために寝つきが悪い、睡眠が浅いといった場合は、冷房の設定温度が高すぎるのが原因かもしれません。

日中、クーラーでキンキンに冷えた屋内にいると眠くなることがありますよね。あれは鼻から吸った冷たい空気で毛細血管や脳が冷えて、眠気が催されるからなのだとか。就寝時も同様で、寝苦しい夜は冷房をいつもより1、2度低めに設定し、鼻呼吸を心掛けると深く眠れる場合があります。

ただ、首から下を冷やすと体調不良や風邪の原因になるので、薄手の毛布を首までかけることは忘れないでください。また、冷房でタイマーを使う場合、汗だくで起きてしまうなら逆効果に。毛布で体の冷えを防ぎつつ、起床時までクーラーをかけた方がすっきりと朝を迎えられるでしょう。

実は私もこれらを実践することで、劇的に睡眠が改善して、日中にだるさがなくなりました。皆さんもぜひ試してください。(美容ジャーナリスト)