中国外相「台湾独立はあらゆる手段で阻止」 米高官に強調 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国外相「台湾独立はあらゆる手段で阻止」 米高官に強調

会談に臨むシャーマン米国務副長官=26日、中国・天津市
会談に臨むシャーマン米国務副長官=26日、中国・天津市

【北京=三塚聖平】中国外務省によると、王毅(おう・き)国務委員兼外相は26日、訪中したシャーマン米国務副長官と天津市で会談し、バイデン米政権の対中政策について「絶えず中国の限界に挑戦し、対中抑止の圧力を拡大している」と批判した。その上で「断固とした反対」を表明し、米側に対して引かない姿勢を示した。

王氏はシャーマン氏に対し、中国の政治制度の転覆を図らず、米側による対中制裁や高関税、科学技術に関する規制を直ちに取り消すことなどを求めた。国家主権の侵害を行わないことも求め、その中で特に台湾問題に関して「もし、向こう見ずに『台湾独立』の挑発を行えば、中国はあらゆる必要な手立てをとって阻止する権利がある」と牽制(けんせい)した。

一方で、米側に対話の継続も求めた。王氏は「双方は、絶え間ない対話を通じて理解を増進させ、誤解を取り除き、誤った判断を防ぎ、不一致をより良くコントロールすべきだ」と呼びかけた。