山形新幹線がイノシシと衝突 31分遅れ - 産経ニュース

メインコンテンツ

山形新幹線がイノシシと衝突 31分遅れ

26日午後11時7分ごろ、山形県南陽市のJR奥羽線赤湯―中川間で東京発山形行き山形新幹線つばさ159号がイノシシと衝突、現場に一時停車した。乗客約40人にけがはなかった。

JR東日本山形支店によると、車両に異常はなく、31分遅れで運転を再開した。

山形新幹線は在来線と同じ区間を走る「ミニ新幹線」。