衆院群馬1区 斎藤敦子氏「公認に向け急激に進んだ」

斎藤敦子氏=26日、前橋市(柳原一哉撮影)
斎藤敦子氏=26日、前橋市(柳原一哉撮影)

次期衆院選群馬1区をめぐり、立憲民主党本部の公認が決まらず群馬県連単独による「支援」を受けて出馬を目指す元大学准教授、斎藤敦子氏(53)は26日、「(県連の決定により)公認に向かって急激に進んだ」と述べ、県連独自の対応を評価する考えを示した。前橋市内で記者団の取材に答えた。

斎藤氏は、単独支援に向けて調整に努力した県連関係者を高く評価。その上で、「ここまで来れたのは奇跡的だ」とも語り、内部調整が水面下で難航したとの見方もにじませた。

今後について斎藤氏は、1区の有権者や支持者の間に自身を推す機運を高めていくことで、「(党本部が)公認せざるを得ない状況に持っていきたい」と語った。引き続き公認を求めていく考えも重ねて強調した。

近く後援会発足式を同市内で開催し選挙準備を整える。

県連は昨秋の公募で選出した斎藤氏の公認を党本部に上申したが、元職の宮崎岳志(51)も公認を得て出馬すると表明。同党の福山哲郎幹事長は会見で「整理がついていない」と述べた。県連は今秋に迫る衆院選への対応を早めるため単独支援を決めた。