台風8号が本州方面へ 大雨や暴風に警戒呼び掛け

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

台風8号は26日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろに東北から東日本に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は大雨による土砂災害のほか、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、27日午前6時までの24時間予想雨量は多い場所で東北100ミリ、関東甲信80ミリ。28日にかけては北陸も含めて大雨の可能性がある。27日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北、関東甲信20メートル(30メートル)。波の高さは東北、関東甲信6メートル。

台風8号は26日午前6時現在、日本の東の海上を時速約30キロで北北西へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側600キロ以内と北西側390キロ以内は風速15メートル以上の強風域。