中国が2ゲーム連取 卓球混合決勝

混合ダブルス決勝 中国の許昕、劉詩雯組と対戦する水谷隼(左)、伊藤美誠組=東京体育館
混合ダブルス決勝 中国の許昕、劉詩雯組と対戦する水谷隼(左)、伊藤美誠組=東京体育館

卓球の混合ダブルス決勝が行われ、第2シードの水谷隼、伊藤美誠組が第1シードの許昕、劉詩雯組(中国)と対戦。ゲームカウント0―2の中国リードで第2ゲームを終えた。

第1ゲームから中国ペアに厳しく攻め込まれた。激しいスピンに翻弄され、日本ペアが思うように返球できなかった。第2ゲームは伊藤の逆チキータが冴えるなどして、4連続得点を挙げる場面もあったが、中国ペアが押し切った。

混合ダブルスは今大会の新種目。

水谷、伊藤組は準決勝で台湾に4-1で快勝。準々決勝ではドイツに繰り返しマッチポイントを握られながらも4―3で大逆転勝ちを果たした。