【夏の高校野球・群馬県大会】27日決勝戦 両チームの強打者注目 - 産経ニュース

メインコンテンツ

夏の高校野球・群馬県大会

27日決勝戦 両チームの強打者注目

第103回全国高校野球選手権群馬県大会は27日、上毛新聞敷島球場で前橋育英と健大高崎による決勝が行われる。前橋育英が勝てば、2年ぶり6度目の優勝となる。一方の健大高崎が勝てば6年ぶり3度目。

ノーシードの前橋育英はこれまで5試合で33得点6失点、健大高崎は5試合49得点9失点。両チームとも堅い守備力に支えられる。投手陣は、前橋育英が外丸、菊池、健大高崎は今仲

、高松が中心で、ロースコアのゲーム展開が予想される。前橋育英は皆川、岡田、健大高崎は小沢、森川の強打者の前にそれぞれ走者を貯められるかが鍵となりそうだ。