奄美・沖縄の世界遺産登録決まる 生物多様性を評価 - 産経ニュース

メインコンテンツ

奄美・沖縄の世界遺産登録決まる 生物多様性を評価

奄美群島の主要な島である奄美大島は、5市町村で構成。大部分が森で囲まれ、豊かな自然を誇る
奄美群島の主要な島である奄美大島は、5市町村で構成。大部分が森で囲まれ、豊かな自然を誇る

オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は26日、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表(いりおもて)島」(鹿児島、沖縄)を世界自然遺産に登録すると決定した。日本の自然遺産登録は2011年の「小笠原諸島」(東京)以来5件目で、亜熱帯の森にアマミノクロウサギやヤンバルクイナなど貴重な固有種が数多く根付く生物多様性を評価した。

政府が候補とした全件が登録されることになり、国内最後の自然遺産となる可能性が高い。

鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄本島と西表島の4島に及ぶ計約4万3千ヘクタールが登録区域で、大部分が森林。大陸から切り離され現在の島々が形成される過程で動植物が独自の進化を遂げ、イリオモテヤマネコなど絶滅が危惧される固有種が多く生息する。

>世界遺産登録で中国反対せず