首相改憲に意欲「コロナに打ち勝った後に挑戦」

出邸する菅義偉首相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する菅義偉首相=26日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は26日発売の月刊誌「Hanada」のインタビューで、憲法改正について「新型コロナウイルスに打ち勝った後に、国民的な議論と理解が深まるよう環境を整備し、しっかり挑戦したい」と語った。「自民党は結党以来、党是として自主憲法制定を掲げているので憲法改正に向けて取り組んでいく。その方針は全く変わりない」とも述べた。

また、新型コロナワクチンの承認が諸外国と比べて遅れた反省を踏まえ「危機管理時の対応として、より速やかにワクチンを承認できるよう制度の見直しをすべきだ」と強調した。

総務省などが携帯電話料金の引き下げにによる国民負担の軽減効果が4300億円に上ったと試算していることについては「まだまだこんなものではなく、さらに倍の負担減が可能だと思う」と説明。その上で「細かいことと批判されようと、国民にとって大切なことはしっかりとやり遂げる」と述べた。

衆院解散・総選挙の時期については「あくまでもコロナ対応を最優先に考えている」とこれまでの説明を繰り返した一方、目標議席に関しては「私は欲張りだから、とだけ申しておく」と述べた。