外務省が駐日大使呼び抗議 露首相の択捉島訪問

外務省
外務省

ロシアのミシュスチン首相が北方領土の択捉島を訪問したことに抗議するため、外務省の森健良事務次官は26日、同国のガルージン駐日大使を同省に呼んだ。

森氏は、北方領土は日本固有の領土だとして、ミシュスチン氏の訪問は受け入れられないなどと抗議したとみられる。

加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、訪問について「北方領土に関する日本の一貫した立場と相いれず、極めて遺憾だ」と述べた。

<独自>ロシアが北方領土で演習 長期射撃を通告