自衛隊の大規模接種センター、予約受け付け再開

東京都千代田区の大規模接種センター=5月24日(酒巻俊介撮影)
東京都千代田区の大規模接種センター=5月24日(酒巻俊介撮影)

自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは26日午後6時から、防衛省ホームページと通信アプリLINE(ライン)、電話で1回目接種の新たな予約受け付けを始めた。7月29日から8月1日分。

防衛省によると、センターは1回目接種を本格的に再開し、8月1~28日まで1日当たり東京会場1万人、大阪会場5千人に接種する。7月中は6月下旬から続いてきた2回目接種で埋まった枠があり、1回目として予約できる人数はこれより少ない。

これまで予約は1週間単位だったが、台風で運営できなくなるケースを考慮し、月曜にその週の木曜から日曜、木曜に翌週の月~水曜分の受け付けを始める方法に変更。次回は7月29日受け付け開始の8月2~4日分となる。

同省は、センターで1回目を受けた人の2回目も受け持つ方針で、9月25日ごろまでの開設期間延長を決めている。