大野が2大会連続「金」 柔道男子73キロ級 

決勝戦で勝利を決める大野将平=日本武道館(松永渉平撮影)
決勝戦で勝利を決める大野将平=日本武道館(松永渉平撮影)

東京五輪第4日の26日、柔道男子73キロ級の大野将平(旭化成)が決勝でラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)と対戦。支え釣り込み足で技ありを奪って9分26秒の激闘を制し、金メダルを獲得した。悲願の2大会連覇を果たした。

大野は2016年リオデジャネイロ五輪でこの階級の金メダリスト。柔道日本勢としては連覇が狙える唯一の立場として、金メダルが期待されていた。

初戦となる2回戦はアレクサンドル・ライク(ルーマニア)に内股で、3回戦はビラル・チログル(トルコ)に抑え込みで勝利した。準々決勝はリオ五輪の決勝で対戦したルスタム・オルジョフ(アゼルバイジャン)に合わせ技の一本勝ち。3試合連続の一本勝ちで、絶対王者として危うげなく駒を進めると、準決勝ではツォグトバータル・ツェンドチル(モンゴル)を小外掛けの技ありを奪い、延長戦を制した。

大野 将平(おおの・しょうへい) 世界選手権は13、15、19年優勝。得意は大外刈り。東京・弦巻中―世田谷学園高に通い、柔道私塾「講道学舎」で鍛えた。天理大大学院出、旭化成。170センチ。29歳。山口県出身。

→日本柔道のエース大野 決勝進出 銀メダル以上確定