外相「国民感情傷つける」 露首相北方領土訪問で

茂木外相
茂木外相

茂木敏充外相は26日、ロシアのミシュスチン首相による北方領土・択捉島訪問について「日本国民の感情を傷つけるもので極めて遺憾だ。わが国として受け入れられず、日露関係に資するものでは到底ない」との談話を発表した。

ロシアに対しては、日露が北方四島で実施を目指す共同経済活動や、平和条約締結交渉の進展に向け、建設的に対応するよう強く求めていくと主張した。