日本最年少「金」の西矢 小学時代から世界で好成績 スケボ女子

演技で着地を成功させる西矢椛=有明アーバンスポーツパーク
演技で着地を成功させる西矢椛=有明アーバンスポーツパーク

日本史上最年少で五輪金メダルを獲得したスケートボード女子の西矢椛(にしや・もみじ)。大阪府出身の13歳は2019年、小学6年生の時に出場した世界最高峰の大会「Xゲーム」でいきなり準優勝。年齢だけでなく、確かな技術が世界から注目されるようになった。

今年6月の世界選手権でも、後ろ向きのまま板の部分で滑り降りる「バックサイドリップスライド」などを決めて準優勝。同じ所属の先輩、中山楓奈(ふうな)らを抑え金メダルを獲得した。

13歳西矢が日本史上最年少で金 スケボ女子

会員限定記事会員サービス詳細