サッカー日本男子2連勝 メキシコ2-1で下す - 産経ニュース

メインコンテンツ

サッカー日本男子2連勝 メキシコ2-1で下す

日本―メキシコ 前半、ゴールを狙う久保建(中央)=埼玉スタジアム
日本―メキシコ 前半、ゴールを狙う久保建(中央)=埼玉スタジアム

埼玉スタジアム(さいたま市)で25日に行われた東京五輪サッカー男子の日本とメキシコの対戦は、2-1で日本が勝利し、グループリーグ突破へ大きく前進した。

日本は前半6分、MF堂安が右サイドを突破し、センタリングを受けたMF久保が左足で合わせてシュートして先制。その後、ファウルでPKを獲得すると11分に堂安が豪快に蹴りこみ、2点目を決めた。

後半に入った68分、メキシコはDFバスケスがレッドカードで一発退場となったが、85分にFWアルバラドのフリーキックが直接ゴールに収まり、1点を返した。

日本はメキシコの終盤の攻撃をしのぎ、逃げ切った。

日本は28日に日産スタジアム(横浜市)でフランスと対戦する。

ボトムコンテンツ