五輪デザインのレガシー学ぶ展覧会

五輪デザインのレガシー学ぶ展覧会 「オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック」展が、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)で開かれている。スイス・ローザンヌのオリンピック博物館で開催された企画の巡回展。1964年東京、68年メキシコシティ、72年ミュンヘン、94年リレハンメル、2004年アテネの5大会に焦点を当て、エンブレムやポスター、ピクトグラム、聖火トーチなどを通して、世界最大のスポーツイベントを彩ってきたデザイン表現を探る。8月28日まで。日曜・祝日休み。入場無料。