桃田、奥原ら白星発進 バドミントン - 産経ニュース

メインコンテンツ

桃田、奥原ら白星発進 バドミントン

バドミントン男子シングルス1次リーグ 米国選手と対戦する桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
バドミントン男子シングルス1次リーグ 米国選手と対戦する桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ

バドミントンのシングルスの男子は1次リーグで、第1シードでA組の桃田賢斗(NTT東日本)がラム(米国)を2―0で下し、I組でポール(モーリシャス)に快勝した常山幹太(トナミ運輸)とともに白星発進した。女子は前回リオデジャネイロ大会銅メダルでE組の奥原希望(太陽ホールディングス)がリ(ドイツ)にストレート勝ちした。

ダブルスの女子はA組の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)がチョウ、リー組(マレーシア)と、B組の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はホンデリック、ツァイ組(カナダ)と顔を合わせる。

男子はB組の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)がイワノフ、ソゾノフ組(ROC)に2―0で勝ち、2戦2勝。混合はC組の渡辺、東野有紗組(日本ユニシス)がリャン、サマービル組(オーストラリア)と当たる。

ボトムコンテンツ