千葉地検検事正に着任の森本和明氏「再犯防止、被害者支援は重要」

千葉地検の森本和明検事正=千葉市中央区
千葉地検の森本和明検事正=千葉市中央区

千葉地検の検事正に今月着任した森本和明氏(57)が記者会見し、「公正な立場で誠実に、一つ一つの事件に向き合うことが大切だと思っている」と抱負を述べた。

森本氏は、再犯防止と被害者支援の重要性を指摘。「安心して暮らせる安全な社会をつくる上で、犯罪を少しでも減らしたい。再犯による社会の不安、治安の悪化を防ぐことが大事だ」と強調した。

6月に八街市で発生した児童5人が死傷した事故については、「お子さんが被害にあう事件には心が痛む。検察としてお子さん、ご家族の気持ちを受け止め、寄り添って参りたい」と述べた。

奈良県出身、中大法卒。大阪地検検事や東京地検公安部長、福岡高検次席検事、仙台地検検事正などを歴任。自然の中を散歩することが趣味で、「房総半島をまわってみたい」と話した。