〝ナガマツ〟ペアが初陣飾る バドミントン女子ダブルス1次リーグ

女子ダブルス1次リーグ エジプトペアと対戦する永原和可那(右)、松本麻佑組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
女子ダブルス1次リーグ エジプトペアと対戦する永原和可那(右)、松本麻佑組=武蔵野の森総合スポーツプラザ

メダルが期待されるバドミントンで24日、各種目の1次リーグが始まり、女子ダブルスのB組で世界ランキング2位の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がハニ、ホスニ組(エジプト)を2―0で下し、白星スタートを切った。

永原・松本ペアは序盤から攻撃力を生かし、試合をリード。開始から5分足らずで11ポイントを挙げると、インターバル後も終盤に6連続ポイントを奪い、21-7で第1Gを制した。

続く第2Gも落ち着いた試合運びで、ハニ・ホスニペアを21-3と圧倒。開始から20分足らずで2ゲームを連取し、ナガマツペアがストレートで初戦を制した。

会員限定記事会員サービス詳細