現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月24日

五大陸を表す五つの輪が広がり、大空を美しく彩った。航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」は23日午後、東京五輪開幕を前に、東京上空に世界の団結を示す五輪のマークを描いた。炎天を見上げた人々からは「ありがとう」と、自然な歓声と拍手が起きていた。

▼ブルーインパルスは昨年5月には、新型コロナウイルスに対処する医療従事者に敬意と感謝を表すため、患者を受け入れた東京の医療機関上空を飛んだ。関係者は励まされ、SNS上は感謝の言葉であふれた。イベントは社会に、活気と前向きな気持ちをもたらす。

▼「世界が大きな困難に直面する今こそ団結し、人類の努力と英知によって大会を開催、成功できる。このことを世界に発信をしていきたい」。菅義偉首相は、20日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で述べた。まさに、世界が心を一つにする絶好の機会である。

ランキング

  1. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  2. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  3. 【産経抄】5月27日

  4. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  5. 【主張】WHOの台湾排除 感染対策に空白域作るな

  6. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  7. 【日曜に書く】国への尊敬を国旗から学ぶ 論説委員・佐野慎輔

  8. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  9. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  10. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

会員限定記事