韓国テレビが謝罪、五輪開会式で不適切な国紹介 - 産経ニュース

メインコンテンツ

韓国テレビが謝罪、五輪開会式で不適切な国紹介

【東京五輪2020 開会式】入場行進するウクライナの選手たち。奥は入場済みの各国選手団=国立競技場(松永渉平撮影)
【東京五輪2020 開会式】入場行進するウクライナの選手たち。奥は入場済みの各国選手団=国立競技場(松永渉平撮影)

韓国の大手テレビ局MBCは、23日の東京五輪開会式の中継で、ウクライナ選手団の入場行進の際に1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の写真を示して同国を紹介した。インターネット上などで批判が相次ぐと、MBCは「不適切な写真を使用した」として謝罪した。韓国メディアが報じた。

MBCはハイチを紹介する際にも「大統領の暗殺で政局は霧の中」との字幕を表示。ネット上では「当該国をやゆしており、五輪の精神に反する」「外交的欠礼だ」との批判があふれた。

また、MBCは各国を紹介する中で、首都や人口などと合わせて新型コロナウイルスワクチンの接種率も表記。「五輪と関係がない」との指摘も出た。MBCは韓国の主要地上波3局のうちの一つ。(共同)

▶韓国SBSは選手団紹介で「独島」アピール 開会式中継

ボトムコンテンツ