世界の五輪開会式報道 記者たちは演出を評価も無観客には嘆き

開会式で国立競技場から打ち上がる花火を撮影する人々 =23日午後8時4分、東京都渋谷区(鴨川一也撮影
開会式で国立競技場から打ち上がる花火を撮影する人々 =23日午後8時4分、東京都渋谷区(鴨川一也撮影

新型コロナウイルスの影響で史上初の1年延期となった23日夜の東京五輪開会式は、東京に集まった各国メディアによって世界中に伝えられた。取材拠点のメインプレスセンター(MPC)では海外メディアが開会式の演出を評価する一方で、多くの競技が無観客となったことについて嘆く声が相次いでいる。

「ドローンで大会エンブレムを空に表現するなど、芸術的でとても素晴らしかった」

MPCで作業をする英紙デーリー・ミラーのウォルターズ記者は開会式の演出をこう評価した。同紙では、開会式の演出や選手の喜びなどを伝えるとともに五輪開催への抗議デモがあったことなども報じているという。別の同紙記者は「記事の中に良い側面と悪い側面の両方の要素を入れている」と話す。

イタリア紙ラ・スタンパのディマリノ記者は、開会式の演出は「壮観で感動的だった」と振り返る。五輪のシンボル「5つの輪」をかたどった木製のオブジェなど「日本人にとって大事であろう『木』の文化を感じた」と語る。

同紙は五輪開会式に関する記事を1面に掲載。ディマリノ記者は、新型コロナウイルス禍での開催だが、「全ての国・地域の選手団が一つの会場に集まる姿を見て、心に響くものがあった」と胸に手を当てた。

また、通信社世界大手のカメラマンは無観客開催について「とても悲しい」と肩を落としながら、「選手だけでなく無観客の会場も撮影する」と話した。

MPCで多くのメディア関係者が異口同音に無観客の競技を「残念だ」と語る一方で、コロナ禍での開催を支持する声も多い。

ベルギーの大手通信社ベルガの記者は「厳しい状況だが、大会中止より、無観客でも開催される方がいい。他の国がホスト国だったら、日本のように開けるかは分からない」と日本側の対応を評価する。

会員限定記事会員サービス詳細