ブルーインパルス飛行隊長「大きな充実感」

東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=7月23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=7月23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の飛行隊長を務める遠渡祐樹2等空佐は23日、東京五輪開会式直前の飛行を終え「無事に任務を達成でき、大きな充実感に包まれている。ご支援いただいたたくさんの方々に感謝の念を伝えたい」と話した。空自が同日、隊長のコメントとして明らかにした。

遠渡2佐は今回の飛行を「皆さまに少しでも空を見ていただく時間をプレゼントできればという思いで飛行した」と振り返った。

五輪出場選手にも言及。「準備に費やした過程に敬意を表する。最高のパフォーマンスを発揮できるよう祈念します」とエールを送った。

会員限定記事会員サービス詳細