サーフィン中の男性重体 波にのまれたか 高知

23日午後1時10分ごろ、高知県東洋町の生見海岸でサーフィンをしていた女性から「溺れた人を引き上げている」と119番があった。高知県警室戸署によると、溺れていたのは大阪府豊中市の男性(52)で、ドクターヘリで徳島県の病院に搬送されたが意識不明の重体。男性は妻と共に海岸を訪れ、サーフィンをしていたという。

男性は浜から20メートルほど沖合でうつぶせの状態で見つかり、他のサーファー3人が引き上げた。東洋町には23日、波浪注意報が出されていた。同署は男性が波にのまれた可能性があるとみて経緯を調べている。