米、キューバ国防相らに制裁 「デモ弾圧」を非難 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米、キューバ国防相らに制裁 「デモ弾圧」を非難

バイデン大統領(ロイター)
バイデン大統領(ロイター)

【ワシントン=大内清】バイデン米政権は22日、キューバでの反政府デモ弾圧に関与したとして、同国のロペスミエラ国防相と内務省傘下の治安部隊に制裁を科すと発表した。バイデン大統領は同日、「キューバの人々を黙らせようとする大量拘束とみせかけの裁判を明確に非難する」との声明を出し、キューバ共産党政権への圧力を強める考えを示した。

キューバでは今月11日以降、停電の常態化や食料・医薬品の不足などに抗議するデモが各地で発生。数百人が逮捕されたり、弁護人もいない裁判にかけられたりしているとされる。米政府の発表によると、ロペスミエラ国防相や、「ブラックベレー」とも呼ばれる治安部隊はこうした弾圧で中心的役割を果たしている。

米政権は、デモを押さえ込むためにキューバ当局がインターネットを遮断するのを防ぐことや、キューバ系米国人らからキューバへの送金が当局の中間搾取を受けないようにするための措置を検討するとも表明。在ハバナ米大使館のスタッフを増員し、外交活動やキューバ人向けの領事業務を拡充するとした。