マイケルさん手袋に3千万円…赤道ギニア副大統領ら4カ国5人に英制裁

英政府は22日、公金の不正流用など深刻な汚職に関与したとして、アフリカなど4カ国の政権幹部ら5人に制裁を科すと発表した。このうち赤道ギニアのヌゲマ・オビアン・マング副大統領について、米人気歌手マイケル・ジャクソンさんが生前にツアーで着用した手袋に27万5千ドル(約3千万円)を費やしたと指摘した。

ラーブ英外相は「汚職は貧しい国の富を枯渇させ、人々の貧困からの脱出も困難にする」と強調。5人の英国への渡航を禁じ、英国内の資産を凍結する。

ヌゲマ・オビアン・マング氏は赤道ギニアで1979年から長期政権を維持するヌゲマ大統領の息子。英政府は発表で、国民の多くが劣悪な環境にある中で公金を不正流用し、ジャクソンさんにちなんだ品々の収集に大金を使ったと指摘。1億ドル相当の大邸宅をパリに構え、プライベートジェット機も購入したと批判した。

制裁対象となった他の4人は、ジンバブエとベネズエラ、イラクで汚職を働いた実業家ら。