「中国に戻れば妻と家族は無事」と脅し…中国検察当局者ら9人起訴

米司法省の建物=ワシントン(AP)
米司法省の建物=ワシントン(AP)

米司法省は22日、米国内で中国政府のために違法に活動し、中国人居住者を帰国させるために脅すなどしたとして、ストーカー行為などの罪で中国検察当局者ら9人をニューヨークの連邦大陪審が起訴したと発表した。

9人は海外逃亡犯を帰国させる「キツネ狩り」といわれる中国の摘発活動に関与。米メディアによると、ニューヨーク市警出身の米国人私立探偵も中国の関与を知らずに関わり、起訴された。

司法省によると、9人は2016~19年、米国内に住む中国人男性を帰国させることを計画。18年9月に東部ニュージャージー州の男性宅に押し掛け「中国大陸に戻って10年服役すれば妻と家族は無事だ」などと書いた置き手紙を残した。

男性の父親を渡米させ、帰国しなければ家族に危害を加えるとの脅迫を男性に伝えさせたこともあった。武漢市公安局の警察官らも渡米、帰国作戦は米中両国内で展開された。

米司法省幹部は「職業規範に従って行動するのが世界の法執行官だ」と述べ、「このようなやり方で法を破るのは言語道断」と非難した。(共同)