東京五輪開幕にあたり公明、維新、共産、国民が談話

公明党・山口那津男代表(春名中撮影)
公明党・山口那津男代表(春名中撮影)

東京五輪の開幕に当たり、公明党、日本維新の会、共産党、国民民主党は23日付で談話や声明をそれぞれ発表した。

公明の山口那津男代表は、新型コロナウイルス感染拡大の中で迎えた五輪に関し「後世に大事な教訓を残す歴史的な挑戦だ」と指摘。「選手の皆さんがこれまでの鍛錬の成果を遺憾なく発揮されることを期待し、心から応援したい」と結んだ。維新の松井一郎代表は「政府はじめ関係機関には万全の対策を不断に講じるよう強く求めたい」と表明した。

共産の志位和夫委員長は、新型コロナの感染拡大のリスクが増大しているとして「開会途中でも中止を決断することを求め続ける」と強調。国民の玉木雄一郎代表は「無観客となったことで、複雑な思いを抱えている選手も多いと思うが、最大限のパフォーマンスを発揮することを期待している」と指摘し、感染対策の徹底も求めた。