「ありがとう!」 ブルーインパルスに感謝の声 東京・新宿御苑

【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)

東京五輪の開幕を祝う、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の雄姿を一目見ようと、東京都新宿区の新宿御苑は、家族連れなど多くの人でにぎわった。厳しい日差しの中、その瞬間を待ちわびた人々は、大空に「5つの輪」が彩られるのを笑顔で見守った。

ブルーインパルスが登場する4時間以上前の午前8時半ごろ。家族3人で訪れた男性(54)=練馬区=は「予行練習の時もよく見えたが、今日もきれいな五輪を描いてほしい」と期待感を語った。

これまでも航空祭でブルーインパルスを見に行くことがあったといい、「医療従事者など大変な思いをしている人たちもいるので、癒しになればと思う」。開会式当日を迎えたことに、男性の妻(46)は「開催に賛否両論あるが、アスリートやボランティアの思いもある」と話した。

【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルスを見る人たち=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルスを見る人たち=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
ブルーインパルスに声援を送るオリンピックおばさんこと石川恭子さん=東京都新宿区の新宿御苑(撮影・甘利慈)
ブルーインパルスに声援を送るオリンピックおばさんこと石川恭子さん=東京都新宿区の新宿御苑(撮影・甘利慈)
【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルスを見る人たち=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルスを見る人たち=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=7月23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=7月23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)
【東京五輪2020 ブルーインパルス】東京五輪の開会式に合わせて展示飛行したブルーインパルス=23日午後、東京都新宿区の新宿御苑(佐藤徳昭撮影)

飛行予定時間が近づくにつれ、来場者は増えていき、芝生の上では多くの人がカメラの三脚などを立て、思い思いの時を過ごした。友人とともに訪れた女性会社員(40)=世田谷区=は「コロナ禍での開催は残念だが、この状況なので仕方がない」と話し、「色のついた五輪の輪が見たい」と笑顔を見せた。

午後0時40分ごろ、上空にカラフルな飛行機雲を引いた編隊が現れると、大きな歓声がわき上がった。大空に五輪のマークを描いた瞬間には大きな拍手とともに、「ありがとう!」という感謝の声も。編隊が去った後も、拍手は長いこと止まなかった。

家族4人で五輪マークを眺めていた公務員の根本淳さん(48)=杉並区=は「感動と勇気を与えてくれた。本当に素晴らしい」と感無量の様子で語った。長男の桜太朗(おうたろう)くん(5)も「色がとてもきれいで楽しかった」と、にっこりと笑った。

会員限定記事会員サービス詳細