【フォト特集】救助難航、中国河南省で豪雨警戒続く - 産経ニュース

メインコンテンツ

フォト特集

救助難航、中国河南省で豪雨警戒続く

豪雨で冠水した中国河南省鄭州市で住民らの救助にあたるレスキュー隊員ら=22日(ロイター)
豪雨で冠水した中国河南省鄭州市で住民らの救助にあたるレスキュー隊員ら=22日(ロイター)

記録的な豪雨に見舞われた中国河南省で、洪水などによる死者は22日、中国メディアによると33人に増えた。依然として8人が行方不明。22日も広域で交通がまひし、冠水が深刻な一部地域では救援活動が難航している。

中央気象台は河南省北西部や河北省南西部などで23日にかけて引き続き大雨の可能性があると警戒を呼び掛けた。

豪雨で冠水した中国河南省鄭州市内=21日(共同)
豪雨で冠水した中国河南省鄭州市内=21日(共同)

中国メディアによると、河南省鄭州市郊外の王宗店村は冠水で陸の孤島となり、住民多数と連絡が取れなくなった。住民は「救援隊は来たが、大型機材がないと救助できない」と取材に語った。別の住民によると、数日降り続いた豪雨で水かさが6~7メートルに達し、自宅や自家用車が水没した。

中国軍は中部戦区部隊や武装警察部隊など数千人を救援隊として派遣した。(共同)

中国河南省鄭州市で住民らを乗せ、水没した車両の間を進むレスキュー隊のボート=22日(ロイター)
中国河南省鄭州市で住民らを乗せ、水没した車両の間を進むレスキュー隊のボート=22日(ロイター)
豪雨で冠水した中国河南省鄭州市内=21日(共同)
豪雨で冠水した中国河南省鄭州市内=21日(共同)
中国河南省鄭州市の冠水した道路=22日(ロイター)
中国河南省鄭州市の冠水した道路=22日(ロイター)