中国、米国務副長官の訪中控え「内政干渉停止求める」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国、米国務副長官の訪中控え「内政干渉停止求める」

中国外務省の趙立堅氏(共同)
中国外務省の趙立堅氏(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は22日の記者会見で、米国のシャーマン国務副長官が訪中することに関し「内政干渉や、中国の利益を損なうことをやめるよう米側に求める」との考えを示した。同時に「両国関係発展の原則的な立場や、自らの主権や安全、発展の利益を守る固い態度を米側にはっきりと示す」と強調した。

中国側によると、シャーマン氏は25、26日に天津市を訪れ、中国外務省で米中関係を主管する謝鋒(しゃ・ほう)外務次官や、王毅(おう・き)国務委員兼外相と会談する。趙氏は、シャーマン氏の会談は米側が希望したものだと強調。会見場所に天津が選ばれたことについては、北京から近いことや、新型コロナウイルス対策による都合を理由に挙げた。