茂木外相「極めて不適切」 解任の小林賢太郎氏に

茂木敏充外相(三尾郁恵撮影)
茂木敏充外相(三尾郁恵撮影)

茂木敏充外相は22日、東京五輪・パラリンピック開閉会式のショーディレクターを解任された小林賢太郎氏が過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を扱った喜劇を演じていた問題について「いかなる文脈や状況で行われたにせよ、極めて不適切で、受け入れられるものではない」とする談話を発表した。

茂木氏は談話で「ホロコーストの悲劇は人類史の中でも類を見ない残虐行為だ」と指摘。小林氏の発言について「五輪・パラリンピックが目指す『団結』、そして『共生社会の実現』という目標とも全く相いれない」と批判した。

大会組織委員会が小林氏を解任したことを踏まえ「日本政府としても、五輪・パラリンピックの精神を体現する大会となるよう、引き続き全力を尽くしていく」とした。