フォト特集

村上ら調整、体操女子が会場練習

公式練習を終え、記念撮影に応じる(左から)畠田瞳、平岩優奈、村上茉愛、杉原愛子、芦川うらら=有明体操競技場
公式練習を終え、記念撮影に応じる(左から)畠田瞳、平岩優奈、村上茉愛、杉原愛子、芦川うらら=有明体操競技場

体操女子の会場練習が22日、有明体操競技場で行われ、日本はエースの村上茉愛(日体ク)や初出場の畠田瞳(セントラルスポーツ)ら団体総合メンバー4人と個人枠で種目別平均台に出場する芦川うらら(静岡新聞SBS)が会場の雰囲気や器具の感触を確かめた。

ギャラリーページで見る

団体総合で2016年リオデジャネイロ五輪4位の日本は1964年東京五輪銅メダル以来の表彰台に挑む。個人種目で日本勢初のメダル獲得を目指す村上は、跳馬で得点源となる大技のチュソビチナを繰り返しチェックした。

女子は25日に5班に分かれて予選が実施され、日本は1班で平均台から演技に臨む。

段違い平行棒の練習に向かう畠田瞳(手前左)ら=有明体操競技場
段違い平行棒の練習に向かう畠田瞳(手前左)ら=有明体操競技場

会員限定記事会員サービス詳細