中国、WHO再調査を非難 「科学に反する」

中国国旗=北京(ロイター)
中国国旗=北京(ロイター)

中国政府高官は22日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス起源解明のため中国で追加調査する計画を打ち出したことを、「常識を重んじず、科学に反するものだ」と非難した。湖北省武漢のウイルス研究所から漏えいした可能性はないと強調した。

国家衛生健康委員会の幹部が記者会見で述べた。「(追加調査計画が)研究所からのウイルス漏えいという仮説を設けていることに、とても驚いた」と指摘。「人為的に作られたウイルスの可能性はなく、研究所の人員も誰ひとり感染していない」と述べた。

WHOのテドロス事務局長は16日の加盟国との会合で、研究所の監査も含めた追加調査計画を提案した。WHOは今年1~2月に武漢で現地調査を実施した。(共同)