チリのテコンドー女子選手が棄権 コロナ陽性で初 - 産経ニュース

メインコンテンツ

チリのテコンドー女子選手が棄権 コロナ陽性で初

国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=東京都新宿区
国立競技場(奥)と五輪マークのモニュメント=東京都新宿区

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、選手村の外にいる海外の選手1人を含め、大会関連で新たに8人の関係者が新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。組織委関係者は選手1人が、チリのテコンドー選手だと認めた。既に隔離施設に入っているという。チリ・オリンピック委員会は同日、テコンドー女子のフェルナンダ・アギーレが、10日間以上の隔離を強いられるため五輪を棄権すると発表した。コロナによる棄権が判明するのは初。

組織委はこの選手の試合出場可否について、共同通信の取材に対し、「国際競技連盟や国際オリンピック委員会(IOC)などに確認する必要がある」との見解を示した。

事前合宿で来日した選手らを除く大会関連の陽性者は、1日以降計75人となった。事前合宿では1日以降、4人が陽性と確認されており、これを含めると計79人になる。

ボトムコンテンツ

競技別の記事一覧