在日米軍司令官「人民解放軍は装備を増大」

在日米軍のトップ、シュナイダー司令官は21日、都内の日本記者クラブで会見し、中国による日本への脅威について「人民解放軍は急速に装備を増大させており、サイバー領域、宇宙領域で非常に活発になっている」としたうえで、「(中国が)国際的なルールを力で変えようとしているのが問題だ」と指摘した。

シュナイダー氏は台湾有事について、「米国、日本の間でハイレベルな対話が行われている」と述べるにとどめ、有事をめぐる具体的な作戦については言及を避けた。

シュナイダー氏は今夏、任期を終えて米国に帰国する予定。(住井亨介)

会員限定記事会員サービス詳細