内藤、藤田が本塁打攻勢 ソフト日本代表

日本―オーストラリア 3回、内藤が勝ち越し2ランを放つ=福島県営あづま球場
日本―オーストラリア 3回、内藤が勝ち越し2ランを放つ=福島県営あづま球場

東京五輪の開幕を飾り21日、福島市の福島県営あづま球場で始まったソフトボール日本代表とオーストラリアとの初戦。日本代表は3回、4回の攻撃で連続して本塁打が飛び出し、豪州を突き放した。

3回、勝ち越し2ランを放ち、ナインに迎えられる内藤(手前中央)=福島県営あづま球場
3回、勝ち越し2ランを放ち、ナインに迎えられる内藤(手前中央)=福島県営あづま球場

試合が大きく動いたのは3回。3番・内藤実穂が2死2塁の場面で、高めのボールをしっかりととらえて、センター越えの本塁打で2得点をあげ3-1とリードした。

4回 本塁打を打つ藤田倭=21日、福島県営あづま球場(納冨康撮影)
4回 本塁打を打つ藤田倭=21日、福島県営あづま球場(納冨康撮影)

さらに4回には、6番・藤田倭が無死1塁からレフトの上空を超えるツーランを放ち2点を追加。その後も原田のどかが中飛犠打を放ち1点を加え、日本が6ー1と大きくリードを広げた。

413球の熱投から13年 ソフト上野、再び伝説生まれるか

会員限定記事会員サービス詳細