「ご本人が反省、当時は受け入れ」小山田氏番組でNHK一問一答

Q 「デザインあ」では2017年ごろに視聴者から今回のことが問い合わせであったという情報がある。これは事実か。そのときは継続したなら、その理由を

A正籬放送総局長 経緯はつまびらかではないが、私が責任をもって言える範囲で言うと、今回、いま言ったような理由で見合わせを決めたということです。

A担当者 2017年のネットに出回っている話でありますが、それは対応した事実はありまして、その方があげられたものですが、経緯としては、それより前に問い合わせがあったときに、事務所の関係の方から説明を受けて、ご本人が重々反省している、後悔しているなどの話を聞いて、記録があまり正確ではないところがあるが、正確にどのような説明がされたという詳細は分からないが、ご本人が反省していらっしゃるという話を聞かれたような状況で、当時はその説明を受け入れたと聞いております。

Q 当時と今回とで対応が変わった理由は?

A正籬放送総局長 今、この東京五輪パラで我々は多様性を認め合い、共生社会を実現していくということがひとつのレガシーになるのではないかと考え、放送もそういう方向に向かって具現化していく、そういったことを実現していきたいと考えている。そういう中で、今回そういう判断をしたということ。

Q 彼の作っている楽曲のテレビやラジオでの放送については何か方針は

A正籬放送総局長 番組については見合わせており、配信についても措置をとっている。

Q 番組ではなく、彼が作ったCDをラジオで流してはいけないとか、そういう方針はあるのか

A正籬放送総局長 どの楽曲があってCDになっているかは把握していない。

A担当者 今対応させていただいているのは、放送中のものについて対応しており、ご本人が作っている楽曲をいろんな番組でどうするかは今、明確には決めていない。状況に応じて判断していきたい。

Q HPで「デザインあ」の写真を消したり、ジャパングルのHPを消した措置はいつか

A担当者 放送の前の日、19日になります。

会員限定記事会員サービス詳細