発見のウガンダ選手「本人の意思で出国」泉佐野市長

東京五輪に向けて大阪府泉佐野市で事前合宿していたウガンダ選手団のうち、滞在中に所在が分からなくなり三重県四日市市で保護された選手が21日夜、成田空港から出国すると泉佐野市の千代松大耕市長が明らかにした。市役所で会見した千代松市長は「本人の意思で帰国を決めたと聞いている」と述べた。

一時所在不明になっていたのは重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)。市によると、同選手は20日に四日市市内で保護された後、東京都内の警察署に移動。泉佐野市が行方不明者届を出していたため21日午後に市職員が身柄の引き渡しを受け、ウガンダ大使館員らとともに成田空港に向かったという。

セチトレコ選手は6月19日に来日したが「生活が苦しい。日本で仕事をしたい」という趣旨の書き置きを宿舎に残し、今月16日から一時所在不明になっていた。21日朝の段階では、帰国に消極的だったものの、その後、ウガンダ選手団長らと面会し、帰国に同意したという。

ウガンダ選手団は、2人のPCR検査陽性の影響で市内での練習は短期間だった。千代松市長は「五輪では全力を尽くしてほしい」と述べた。