日テレのアイヌ不適切表現は放送倫理違反 BPOが意見書

日本テレビ社屋
日本テレビ社屋

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は21日、日本テレビの情報番組「スッキリ」でアイヌ民族に不適切な表現を使った放送について、「放送倫理違反があった」と認定する意見書を公表した。

不適切表現があったのは3月12日の放送。出演者が披露した謎かけの中に、アイヌ民族を差別する言い回しがあった。放送には視聴者らから批判の声が上がり、日本テレビは放送当日のニュース番組などで謝罪していた。

同委員会は「アイヌ民族に対する明らかな差別表現を含んだもので、オンエアに至った背景には、収録動画の最終チェック体制が極めて甘く、アイヌ民族やその差別問題に関する基本的知識がスタッフ間で決定的に不足していた点があった」などと指摘。放送倫理違反があったと判断した。

会員限定記事会員サービス詳細