イラク首都で爆発35人死亡 シーア派標的か、60人負傷

爆発が起きたイラクの首都バグダッド北東部サドルシティーの市場=19日(AP)
爆発が起きたイラクの首都バグダッド北東部サドルシティーの市場=19日(AP)

イラクの首都バグダッド北東部サドルシティーの市場で19日、爆発があり、ロイター通信によると35人が死亡、60人以上が負傷した。爆発物が使用されたという。サドルシティーは同国で多数派のイスラム教シーア派住民が多い地区で、同派を標的としたテロの可能性がある。

イラクでは20日以降、「犠牲祭」と呼ばれる祝祭期間に入るため市場は買い物客で混雑していた。サレハ大統領は「犠牲祭を前にした市民が狙われた」と強く非難した。

バグダッドでは2017年まで過激派組織「イスラム国」(IS)がテロを続発させたが、イラク政府が対IS勝利を宣言した同年末以降の治安は改善傾向にある。一方、ことし1月には自爆テロで32人が死亡し、ISが犯行声明を出すなど過激派の活動が再開している兆しもある。(共同)